• 0778-51-1661
  • info@roots-web.jp

〒916-0026 福井県鯖江市本町2-2-20
TEL: 0778-51-1661 E-mail: info@roots-web.jp  
■営業時間 10: 00-19: 00
■定休日:水曜日
 

よくあるご質問

竹製めがね
なぜ、価格が高いのですか?
一般のメタルフレームやプラスティックフレームは機械で主に作られますが、
『独創竹豊』の竹めがねは一本一本職人の手による完全な手造りで、1本作るのに最低3日以上は要するものだからです。

また、材料は見慣れている「丸い竹」では眼鏡には不向きで、四角い竹(角竹)以外だと加工不可能なのです。そして、更に肉厚でなければなりません。
また、青い竹のままでは水分を多く含んでいるため時間が経過すると元に戻ろうとする習性があるため、油抜きをしてよく乾燥したものでなくてもなりません。

そのもっとも適したものが、京都という寒暖の差が激しく、土地も肥よくな場所で作られる「京銘(角)竹」なのです。そしてこの竹も京都の竹職人により一本一本作られたものです。 

※2013年現在、角竹の生産量は昔のピーク時の1割、生産竹農家はわずか2件のみとなりました。
角竹の生産は特別に頼んで予約しないと生産されないのが現状で、今後の入手も大変難しくなってきています。
現在使っている眼鏡を「竹」や「木」に交換リフォームできると聞いたのですが?
当店では、ご使用中の眼鏡の「鼻パット」「テンプル部(つる)」だけを自然素材に交換いわゆる『眼鏡のリフォーム』も可能です。(まれに特殊な蝶番等を使用していたり、腐食が激しい眼鏡の場合だと交換不可能な場合もあります)。

デザインや寸法などは、当店に全ておまかせする方法、当店ホームページ内のあらゆる商品のテンプルデザインよりお選びいただく、またはこだわりのある方は簡単な手書きデザインを書いていただいても作成可能です。

さらに、ご希望の方にはテンプル内側には貴方様のお名前やメッセージなど無料で刻印いたします。 (漢字やローマ字、数字等でも可能です。フォントも自由です。)

これなら、新しくレンズを作成する費用もいらず経済的です。


<製作事例>
・テンプル(つる)を竹製に交換リフォーム

テンプルリフォームの製作事例

<製作事例> 
・テンプル(つる)を木製に交換リフォーム
テンプル交換例(花梨) 

>>その他のリフォーム製作事例はこちら

<料金>
テンプルを竹に交換 37,800円〜(図面竹・晒竹などからお選び頂けます)
テンプルを木に交換 43,200円〜(約30種類の銘木からお選び頂けます)
鼻パットを竹に交換 3,780円〜
*素材入手状況により価格が変動する可能性がございます。
納期:約2週間〜1ケ月(繁忙期等により変動しますのでお問合せ下さい)

※元のメガネフレームの蝶番はそのまま再利用し、元のテンプルは途中で切断し加工するため元に戻すことは不可能ですので何卒ご了承下さい。
※竹・木いずれも「自然素材」ですので、柄・色等は細かいご希望には添えない場合があります。
※メガネフレーム送付の際には、必ず「レンズ破損防止等」のためメガネケース等にいれて当店まで送付お願い致します。 
※ご自分での調整等は破損等の原因になります。調整が必要な場合には当店までお送りください。また、自然素材のため、調整には限度がありますことを何卒ご了承ください。

銘木等は素材種類によって価格が変わりますので料金等詳細は、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。

<<詳しくはコチラからどうぞ!


素材の詳しくは 「竹フレームを知る」「銘木フレームを知る」をご覧下さい。
リフォームご注文の流れ
耐久性はどうですか?すぐに折れたりしませんか?
自然素材フレームで1番ご心配な点が強度面だと思います。

身近な物での例えになりますが、昔、子供の頃使った「竹製のものさし」。家のどこかにそのままの状態(目盛りも変わらずに)でありませんか?
そして、 中国・香港などでは現在でも、建築物の足場に利用されています。
意外と「竹」は想像以上に頑丈で優れた素材なのです。

ただし、自然素材のため水分には若干弱いため、入浴やサウナ等でのご使用はご遠慮下さい。
通常の日常生活での雨程度であれば、何ら問題はありません。濡れた場合には眼鏡拭き等で水分を拭き取り、自然乾燥させていただければ大丈夫です。また逆に、夏の炎天下の車内等などの熱には強いのも特徴の1つです。
※身近な物で例えると皮製品のように濡れる自体は問題ありませんが、濡れたまま放置することがよくありません。
※折れたりした場合でも決してご自分で市販の接着剤等は使用せずに当店まで送付いただければ綺麗に修復可能です。


万が一ご使用中に足で踏んだりして折れたり、ひびが入っても他の素材と違い、特殊な接着剤を使用しさらに表面を磨きあげることで、以前とほぼ変わりなく修復できるのは、自然素材ならではだと思います。

普通の金属(メタル)・プラスティク製フレームは一般的に4〜5年の耐用年数とも言われていますが、竹のフレームは使用状況でも異なりますが、10年以上は十分耐用可能で、大事に扱っていただければ一生涯使用可能です。

良いモノを長く、耐用年数も極めて長い点からもエコロジーな素材なのです。
変色はするのですか?
使用される環境によって変化の進度は異なりますが、太陽の紫外線を浴びたりすると使い込むほどに深みのある飴色に変化してきます。(早い人は数週間〜数か月で濃くなってくる方もいます)

それが他の人とは異なる色味となって、自然素材でしか味わえない楽しみ方を体験できると思います。また、友人などにもそれが自慢できるかも!


<約10年使用したフレーム> 
革製品と同じように、深みのある飴色に少しづつ変化していく。(個人差はあります)
10年使用した竹めがね
光沢があるように見えますが、コーティングなどしてあるのですか?
コーティング、ニス等は一切行っておらず、表面をバフ磨きという磨き上げただけの艶になります。

竹は表面に約0.2mm〜0.3mmのやわらかい層があり、その下に硬い層があります。その硬い層を研磨することによって、竹特有の艶がでてきます。

決して、ニスや樹脂等を塗って艶を出しているわけではありません。
そのため竹の表面の色がご使用の度に濃い飴色に変色してきます。
※木製フレームに関しては、無色透明の「自然素材ワックスオイル」を最終工程にて基本塗布してあります。
かぶれないのですか?
『独創竹豊』の竹めがねが誕生してから約20年以上経過し、およそ数千枚出荷していますが、現在まで、そういう事例は1件もありません。

逆に、自然素材のため金属アレルギー・ニッケルアレルギー等の方にもオススメできます。

※今日までに、竹めがねにしてから赤いぶつぶつなどの金属アレルギーの症状が出なくなった等のお声は全国多数の方からいただいております
>>お客様の声はこちら

※「木製」めがねは、素材によって赤くなる方がごくまれにいらっしゃいますので、肌が敏感な方には「竹製フレーム」をオススメします。
変形などしてきませんか?
『独創竹豊』の竹めがねは、十分に乾燥させた竹を使用しているため、通常のご使用では大丈夫です。
※真夏の炎天下のダッシュボード等に放置されてもフレームが変形することはございません。但し、レンズは変形する可能性がございますのでご注意ください。

また、竹の内側(肌に直接当たる部分)は外側に比べ比較的やわらかいために、顔の体温(35度前後)でご使用の度にご自分の顔に馴染んでいくのも特徴の1つです。 
つまり、使い込めば込むほど、自分の顔に馴染んでいきます。 

また、基本的には水分に弱いので、雨等で濡れた場合は、布等で水分を完全に拭き取って下さい。
超音波洗浄器で洗浄する場合、約10秒以内にして、布等で水分を完全に拭き取って下さい。
ザラつきなどでてきませんか?
竹の内側はやわらかく、バフ磨きで磨き上げているためため、通常そのようなことはおきません。

しかし、超音波洗浄機を長時間使用したり、水でゴシゴシ洗ったりなど使用状況によっては、ごくまれにその可能性もあります。
超音波洗浄機をご使用の場合には10秒程度以内でお願いします。

そのような症状が出た場合には当店まで送付いただくか、市販の紙ペーパー(癸横苅鞍屐砲料討気里發里之擇こする程度で簡単に修復できます。
竹めがねが折れてしまいました。修復可能ですか?
折れ方にもよりますが、基本的に修理可能ですのでどうぞご安心ください。

万が一折れた場合には決してご自分で接着剤等は絶対に使用せずにそのままの状態でお持ちいただくか、当店までお送り下さい。
※ご自分で市販の接着剤等で接着してしまうとその接着剤を取るのが非常に困難で、修理時間が大幅に伸びたり、修復不可能になる場合もありますのでご注意ください。


※<修理例> 
下記写真のように、ほとんどキズ跡も残らず修理可能です。
竹めがねの修理


当店では「1年無料破損保証」を設けております。
ご購入日より1年以内の方は「子供と遊んでいて折れた。誤って足で踏んでしまった。」等のお客様の不注意により破損したいわゆる通常ご使用以外の理由でも修理代は無償で修理させていただきます。※当店までの宅配代のみご負担お願いします。

ただし、修理可能な場合に限らせていただきます。
破損部位が再製作になる場合やレンズ破損は実費になりますのでご了承ください。

詳しくは 「破損・品質保証について」 をご覧下さい。
今使用している眼鏡が使用しているとズレ下がってこまります。 竹めがねは軽そうなのでそのようなことはおきませんか?
竹めがねはご試着いただくと体感できるのですが本当に軽いです。(同じデザインの眼鏡であれば、メタルやプラスティックフレームの約1/2の軽さ

しかし、ズレ下がるというのは、重さもひとつの原因ですが、鼻パットに汗などの分泌物が付着すると、それが潤滑油の役割をしてしまい「ズレ下がる」のが主な要因です。

『独創竹豊』の竹製めがねや木製めがねには「竹製の鼻パット」標準で装着しています。
この竹製鼻パットは鼻パットの重さの50%の水分(汗)を吸い取ります。普通のシリコンパットや整形パットでは汗を基本吸い取りません。
もちろん、吸い込んだ水分(汗)は寝る前等に放置しておけば自然に蒸発してくれます。

※セルフレームなど鼻パットが低い場合には、その箇所を削り、クリングスを取り付けて竹製鼻パットに変更する修理も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
近所のお店で竹めがねを見かけたのですが、これも「独創竹豊」ですか?
すべて「独創竹豊」ではありません。
一部、他ブランド様のデザインによって製作(OEM)されたものもあります。(JAPONISMなど)

しかし、この場合でも竹めがね職人「笠島豊」氏がすべて製作しており、 竹フレームで特許を取得しています。
最近、海外や中国製などの「竹製めがね」が出回っておりますのでご注意下さい。(レンズ交換ができないサングラス仕様も多数ございますのでご注意ください)

※テンプル内側の刻印「独創竹豊」「日本製」の刻印でご確認下さい。

竹フレームで特許取得済 特許第3968240号 平成19年6月8日取得。
※他にも、竹フレームの細部についても多数特許出願中です。
海水浴やお風呂で洗っても大丈夫ですか?
水分には若干弱いため、海水浴やサウナ・お風呂等でのご使用はご遠慮下さい。

超音波洗浄器で洗浄する場合、約10秒以内にして、布等で水分を完全に拭き取って下さい。

基本的な取扱いは、身近な物で例えるなら革製品の取扱いに近く雨等で濡れても大丈夫なのですが、濡れた状態のまま放置されるとよくありませんので、すぐに水気を眼鏡拭き等で拭きとり自然乾燥させて水気を取っていただければ問題なくご使用いただけます

 
木製めがね
なぜ、価格が極端に高い商品もあるのですか?
素材となる材料が高額の希少材料もあるため、極端に高い商品があります。
ほとんどの木の材料は世界各地の「銘木(めいぼく)」呼ばれる大変希少性がある材料でまさしく「一期一会」の材料なのです。

さらに、眼鏡の材料には細かい杢(もく)でないと、その木本来の美しさを表現できず、テーブルの大きさで表現すると美しくても、眼鏡に仕上げると杢が表現できない木がほとんどです。
眼鏡の場合、ある程度左右のテンプル柄を揃える必要もあり、これが自然の柄のため難しいのです。

樹木が何百年という歳月をかけて描いた杢の美、銘木の世界をじっくり鑑賞していただきたい思いもありますし、銘木というのは、木を愛でる日本人の心が育ててきた素晴らしい価値観でもあります。 

また、樹木というのは、伐採してもすぐには使用できず、数十年以上も自然乾燥させた後で使用しないと変形や反り等が出るため、現在、特に銘木おと呼ばれる木材は市場にも出にくくなってきております。

詳しくは 「銘木フレームを知る」 をご覧下さい。
木の表面には、コーティングなどしてありますか?
「木製めがね」のみ最終工程にて自然素材ワックスやオイルが基本塗布されています。
※一部、塗布することで杢(もく)が弱くなったり、木の香りが損なわれる木に関しては塗布していない商品もございます。

その他には、艶を求められる方や肌が合わない方にはウレタン塗装など、色の経年変化や木特有の肌触りを求められる方には自然素材(成分:亜麻仁油、蜜蝋等)ワックスやオイルをオススメ致します。
木製めがねはかぶれないのですか?
木の種類やご使用される方の体質、夏場や環境によってはごくまれに肌が赤くなる等を起こす可能性はあります。
その場合には、表面にウレタン塗装などの塗膜をすることで緩和されることもあります。他には肌に直接当たるテンプル(つる)部を竹素材に作り替えることも可能です。

万が一、症状が出た場合にはご使用を中止し、販売店もしくは弊社までご相談下さい。 
※肌が敏感な方には、テンプル(つる)が竹製のフレームをオススメします。
テンプル(つる)のカーブは木を曲げているのですか?
素材となる「銘木(めいぼく)」と呼ばれる木は、極めて硬い木が多く、熱等で曲げることは基本不可能になります。

そのため、フロント枠やテンプルカーブ等は実は曲げずに削ってカーブを作る「削り出し」で製作しております 。ご使用中に真っ直ぐに伸びてしまうこともございませんのでご安心ください。

普通の眼鏡フレームと異なり、曲げて調整ができないためバネ蝶番を採用し人の顔に合うようなテンプルカーブを最初から付けておりますので掛け心地も問題ないと思います。

詳しくは 「銘木フレームを知る」 をご覧下さい。
重さはどうですか?
木の種類、デザインにより重さは若干異なりますが、見た目の重厚感に比べとても軽く感じられると思います。

その中で、唯一「屋久杉」が「竹」より軽い素材になります。
いろんな色の木がありますが、着色はしていないのですか?
すべて天然の柄、杢模様をそのまま生かした色模様になります。
そのため、1本1本が世界で唯一の木製めがねになり、全く同じ模様の眼鏡は2本と存在しません。

世界各地より厳選・吟味した銘木で 染色等は一切していない天然色になります。(漆加工等の一部商品等は除く)
材料の「木」は日本産ですか?
材料は世界中から厳選した約30種類以上の素材になります。
日本産だと屋久杉、黒柿などと限られてきます。

理由としては、基本的に日本材の場合、白っぽい木(杉系)や柔らかい素材(例えば爪で引っ掻いただけでキズがついてしまう)が多いため、ほとんど海外産の硬い材になります。
世界の銘木と呼ばれる木は、赤道付近の暑い地域に多いみたいです。

詳しくは 「銘木フレームを知る」 をご覧下さい。
木と竹は違うのですか?
学術的には詳しくわかりませんが、眼鏡を製作する上では製造工程が一部異なってきます。
どちらも製作する中では違った難しさがそれぞれあります。


1.「軽さ」「掛け心地」「アレルギー対策」を求められる方には「竹めがね」をオススメします。

2.「色や杢、柄模様」を求められる方は「木製めがね」をオススメします。


 
耐久性はどうですか?
銘木と呼ばれる黒檀・紫檀などは日本では床柱、中国などでは昔宮殿などの主材に使用されており、とても頑丈な素材で人間より、眼鏡の方が長生きするかもしれません

ただ、水分は避けた方がよいため、海水浴やサウナ等でのご使用はご遠慮下さい。
しかし、通常の日常生活では何ら問題はありません。逆に、夏の炎天下の車内等などの熱には強いです。 

普通の金属・プラスティク製フレームは一般的に4〜5年の耐用年数とも言われていますが、竹や木のフレームは使用状況でも異なりますが、大事に扱っていただければ数10年以上は十分耐用可能です。※修理も可能です!

この耐用年数が長い点からも、家に代々引き継いでいくような眼鏡にもなると思います。

度付レンズの方は、視力が変動する可能性があるため、数年に一度のレンズ交換をオススメします。
もちろん一部海外製の木製フレームとは異なり、簡単にレンズ交換も可能ですのでご安心ください。

「良いモノを長く」ご使用いただく。これがルーツの思いです。
海外製の安い木製メガネを以前購入したのですが、ズレ下がってしまい横から見ても斜めになってしまいます。調整は可能でしょうか?
ズレ下がる原因にもいろいろありますが、 海外製のものは鼻パットが極端に低く鼻幅も日本製に比べ広い為なのかもしれません。

もし、それが原因であれば日本人向けの調整可能なクリングス(金具)付きに交換すれば多少メガネがズレ無くなるかもしれません。
※ただし、取付交換不可能な場合もありますので、可能であれば写真等をメールで添付していただければ、判断可能な場合もございますのでお気軽にお問い合わせください。

またその他の原因としては、テンプル幅やテンプル角度等の問題が考えられますが、これは構造上、基本調整等は不可能ですのでご了承ください。


※ご参考
<某海外製木製フレーム>
鼻パットが極端に低く、テンプル(つる)がフロント枠に対しほぼ垂直に作られている。
こういう構造の場合、日本人のような鼻が低い人の場合レンズも眼に対して斜めになってしまう場合が多い。
海外製フレームの例

<独創竹豊製フレーム>
日本人向けの高めのパットを装着し、テンプル(つる)をフロント枠に対して微妙に角度をつけている。
独創竹豊の竹フレーム

一般的にセルやメタルフレーム問わず日本人の顔には日本人が製作したフレームが一番しっくりくるとも言われています。
海外製かどうかわかりませんが、安い木製眼鏡を見かけました。見た感じは同じに見えるのですが何か違うのですか?
まず原産国は、本体やラベル等に表示されていると思いますのでそれで確認できると思います。

それぞれデザインやレンズ交換方法が異なるため、どれが良いとは一概に言えないのですが、長くご使用したいという方は、まずは「レンズ交換が可能かどうか」がチエックポイントの1つだと思います。意外かもしれませんがそのような木製フレームも一部流通していますので、サングラスやダテ眼鏡でという方以外は必ず確認されることをオススメします。

参考:海外で木製サングラスを購入したのですが、度付レンズに交換できますか?


次に眼鏡は家具や雑貨等とは違い、使用する度に顔の「熱」と汗「水」の影響を受けます。すなわち35度前後の顔の体温と汗や整髪料などの水分が少なからずフレームに浸透します。

そのため、肌に触れる部分が着色している木や薄い木材を数枚貼り合せているフレームの場合、剥がれてきたりする可能性があるため、その場合にアフター修理などを対応してもらえるかを確認された方が良いでしょう。

比較的安価な海外製の木製眼鏡はこの点などをご納得のうえ、ご購入いただいた方が無難です。


当店の商品は例えばレンズ度数が変動してもレンズ交換は可能です。素材も天然木の削り出しで製作し、アフター修理もご安心ください。


眼鏡製作する工程数も多く、通常木製品は紙ペーパ仕上げが多いのですが、セルフレームやメタルフレームの最終仕上げの工程に使われる「泥バフ磨き」工程を取り入れることで、紙ペーパーでは落とせないような細かいキズを落としたり、艶が生まれておりJAPAN QUALITY」は海外からの問い合わせも増えております。
構造について
フルリムタイプはどうやってレンズを留めているのですか?
フルリムタイプはすべて、ナイロールと同じ仕組みです。(レンズをナイロン製の糸で留めてあります)
そのため、簡単にレンズ交換が可能ですのでご安心ください。

※ 竹めがねが生まれた当初は、フロント枠をネジ止めしてレンズをはめ込む形式だったのですが、気圧の変化でレンズが外れたり、レンズが入れにくい等の経緯があり、現在の仕組みをすることで解消されました。



 
テンプル(つる)のカーブ等は曲げずに削ってカーブをつけているのですか?
竹の場合にはテンプル(つる)は曲げてカーブさせています。

しかし、「銘木(めいぼく)」と呼ばれる木の場合、極めて硬い木が多く、曲げることは基本不可能なため、フロント枠やテンプルカーブ等は曲げず、削ってカーブを作りだしています 。(そのため、材料は通常より多く消費します)

一般的な普通の眼鏡フレームと異なり、モダン部(耳の上)を曲げて調整ができないために、バネ蝶番を全て採用し、頭を包み込むようなテンプルカーブを最初から付けておりますので、掛け心地は想像以上に良いと思います。
修理や部品交換はできますか?
折れ方にもよりますが、基本的に修理可能ですのでどうぞご安心ください。

万が一折れた場合には決してご自分で接着剤等をは使用せずにそのままの状態でお持ちいただくか、当店までお送り下さい。
※ご自分で市販の接着剤等で接着してしまうとその接着剤を取るのが非常に困難で、修理時間が大幅に伸びたり、修復不可能になる場合もありますのでご注意ください。


※<修理例> 
下記写真のように、ほとんどキズ跡も残らず修理可能です。
竹めがねの修理


当店では「1年無料破損保証」を設けております。
ご購入日より1年以内の方は「子供と遊んでいて折れた。誤って足で踏んでしまった。」等のお客様の不注意により破損したいわゆる通常ご使用以外の理由でも修理代は無償で修理させていただきます。※当店までの宅配代のみご負担お願いします。

ただし、修理可能な場合に限らせていただきます。
破損部位が再製作になる場合やレンズ破損は実費になりますのでご了承ください。

詳しくは 「破損・品質保証について」 をご覧下さい。
調整はできますか?
テンプル(つる)を曲げての調整はできませんので、決してご自分や小売店様では無理に曲げないでください。(破損の原因になります)

すべての眼鏡には職人が50年以上の経験で得た頭を包み込むようなテンプルカーブをあらかじめつけてあります。

しかし、どうしても不具合等がある場合には、下記写真のようにテンプルとフロントの接地箇所(合口部)を削ったり、フロント枠の蝶番を付け替えたりすることなどで多少開き角度を広くすることは可能です。(狭くする場合には、別な方法で狭くします)
その他には肌に当たる内側箇所を削ったり、テンプルの長さを短くすることも可能です。

開き調整
上記いずれもご購入後であっても調整や修正をさせていただきますので、どうぞご安心ください。


また、逆にテンプルを長くしたり、開き角度を狭くする場合は困難な場合がありますが、この場合は再製作等での対応となります。

※鼻パットのクリングス(金具)のみ調整可能です。

竹素材などの自然素材は、人間の熱(35℃前後)と水分(汗等)により、掛けるたびに徐々に自分の顔に馴染んでくるのも「自然素材にしかない特徴」のひとつですので、早ければ1週間程度でご自分の顔に馴染んでくると思います。
バネ蝶番とはどのようなものですか?
バネ蝶番とはバネの伸縮によってテンプル(つる)をさらに外側に開くことが出来るので、付け外しの際の負荷がかかりにくく、フィット感もとてもソフトな掛け心地になります。
※蝶番がバネ製になっており、テンプルが90度以上開きます

現在、商品の蝶番は全て「バネ蝶番」をしているため、とてもフィットしやすい設計になっております。

バネ蝶番
素材:洋白(合金)
自分で木の眼鏡を作ろうと思います。バネ蝶番だけを譲ってもらえますか?
大変申し訳ないのですが、バネ蝶番のみの販売は行っておりません。
バネ蝶番は、社外品になるため何卒ご了承くださいませ。
現在持っているメガネのつるの内側に52□17-140などの数字が書いてあります。 これはなんですか?
この場合 52はレンズ横幅、17はレンズとレンズの間の中央ブリッジの幅、140はテンプルの長さです。
各52ミリ・17ミリ・140ミリとなります。

「□」で表示されているものをボクシングシステム型といいます。一般的なフレームサイズの目安は下記の通りといわれています。ご参考にしてください。

46以下・・・極端に顔の小さい方またはJr.用 
47〜52・・・一般女性向き
50〜56・・・一般男性向き


■眼鏡フレームの専門用語例及び上記場所(例:52□17-140)

メガネの表記
レンズについて
レンズはどうすればいいですか?
眼科医等の「処方箋」の数値内容をお教えいただくか、現在お使いの眼鏡をお送りくだされば、同じ度数でお作りいたします。(別料金となります)
※レンズ加工は約5日〜10日前後ほど要しますのでご了承ください。

オプションレンズ詳細一覧 [国産レンズ]※左右1セットのお値段です。

レンズの種類 レンズ価格(税込) 標準加工 薄さ 屈折率
1.50球面レンズ  ¥6,000 UVカット、撥水 1.50
1.60球面レンズ  ¥9,000 UVカット、撥水 ★★ 1.60
1.60非球面レンズ  ¥13,500 UVカット、撥水 ★★ 1.60
1.67非球面レンズ  ¥16,500 UVカット、撥水 ★★★ 1.67
1.74非球面レンズ  ¥22,000 UVカット、撥水 ★★★★ 1.74
1.60遠近両用(累進)レンズ  ¥25,000 UVカット、撥水 ★★ 1.60
1.67遠近両用(累進)レンズ  ¥30,000 UVカット、撥水 ★★★ 1.74
は あくまでも目安です。
●プラス3,000円でブルーライトカットコート付きに変更できます。
●プラス3,000円でカラーレンズ(32色)に変更できます。

どのレンズが良いかわからない場合
ご注文時に【レンズの種類】を「どのレンズがいいかわからない」を選んでいただき、 ご注文情報をご記入いただく過程で「備考欄」に客様の「度数」をご記入ください。

お客様の度数やお選びいただいたフレームを考慮してどのレンズが良いかご連絡させていただきます。なお、その際金額等の訂正も致しますのでご安心下さいませ。

詳しくは「度数について」をご覧下さい。

      度数によるオススメのレンズ

※竹めがねや木製めがねを扱ったことのない小売店様でレンズ加工等を依頼されますとフレーム破損の可能性もあるため、できるだけ「独創竹豊」取扱店でのレンズ加工をお願いします
ガラスレンズは可能ですか?
ガラスレンズは基本不向きとお考えください。

レンズはフルリム・ハーフリムタイプ等全てナイロンの糸で吊るして留めています。

つまり、レンズに内溝を掘って、そこへナイロン糸を吊るしているため、ガラスレンズの場合、レンズ加工時やご使用時に割れやすいため取り付けることには不向きですのでご了承ください。

ガラスレンズ
サングラスにすることはできますか?
サングラスや度付きサングラスにすることも可能です。
カラー変更(32色)、ハーフカラー等もできます。(別途3,000円)

レンズ透過率:可視光線透過率(レンズを透過する光の割合)のことで、数値が低いほど、色が濃くなっております。

カラーレンズ

詳しくは「レンズについて」をご覧下さい。 
今後、視力が悪くなった場合、レンズ交換はできますか?
もちろん、レンズ交換可能です。

※海外製のサングラス等で見受けられるいわゆる「はめ殺し」(交換不可)ではなく、普通のメガネのようにレンズをナイロン製の糸で吊るしている構造ですので、度数が変化した場合でも簡単にレンズ交換ができるような構造になっておりますのでどうぞご安心ください。

遠方の方は、地元のメガネ店等でも交換可能だと思いますが、もし断られた場合には処方箋などを一緒に送付いただければ、新しい度数でレンズ交換させていただきます。
レンズの度数はどのように調べたらいいですか?
ご自分の度数調べるには例えば2通りの方法がございます。
1.眼科医等で処方箋をもらう
2.現在かけているメガネと同じにする

※ ご希望があればコンタクトレンズのデータを送っていただいてもお作りできますが、コンタクトレンズとメガネの度数は必ずしも一致しません。
その旨ご了承の上、PD値(瞳孔間距離)と度数データをお送り下さい。

詳しくは「度数について」をご覧下さい。 
乱視用のメガネは作れますか?
もちろんお作りできます。度数が強い方でも大丈夫ですのでご安心ください。

※ご希望があればコンタクトレンズのデータを送っていただいてもお作りできますが、コンタクトレンズとメガネの度数は必ずしも一致しません。ご了承の上、データをお送り下さい。 
老眼用のメガネは作れますか?
もちろんお作りできます。

度数を調べるには2通りの方法がございます。 
1.眼科で処方箋をもらう
2.現在かけているメガネと同じにする

詳しくは「老眼(読書)用・遠近両用メガネついて」をご覧下さい。 
遠近両用のメガネは作れますか?
遠近両用レンズも可能です。

※ただし、初めての方は慣れるまで日数がかかる方もいらっしゃいますので、慣れるまでの間は階段やお車の運転には十分お気を付けください。

※お使いの眼鏡を測定する場合には、「遠近両用レンズ」は正確に測定できない場合がございますので、 必ず処方箋をお送りください。

詳しくは「老眼(読書)用・遠近両用メガネついて」をご覧下さい。
コンタクトレンズのデータでメガネは作れますか?
ご希望があればコンタクトレンズのデータを送っていただいてもお作りできますが、
一般的にコンタクトレンズの度数は、メガネレンズよりも弱く表示されている場合が多いです。

ご了承の上PD値度数データをお送り下さい。

また、普段メガネに慣れていない方、長時間パソコンや読書等、近くを見る時間が多い方は、 コンタクトレンズと同じデータでの眼鏡度数のご使用はお勧め出来ません。

コンタクトデータにはPD値が記載されていない場合が多いですのでご注意ください。
詳しくは「PD(瞳孔間距離)の簡易測定方法」をご覧下さい。
 
海外で木製サングラスを購入したのですが、度付レンズに交換できますか?
申し訳ありませんが、おそらくレンズ交換はできないとお考えください。

理由としては、レンズ取付方法がレンズ交換はできない仕組みになっているものが多く、レンズ交換の際、無理をするとフレーム枠やレンズを破損する可能性が高いためです。(いわゆる「はめ殺し」タイプ)

※ごくまれにフレームサイド等にに切れ目があるレンズ交換可能タイプであれば可能です。

通常、一般的なフルリムタイプのフレームは、レンズを入れる方法として
.侫譟璽爐鯒で暖め、枠を膨張させてレンズを入れる。(主にセルフレーム)
▲侫譟璽爛汽ぅ匹棒擇賁椶入っており、ネジで開閉してレンズを入れる。(主にメタルフレーム)

などの方法で装着します。

下記写真のように、一部海外製木製フレームは無理な負荷をかけるとレンズ交換の際、フレームやレンズが破損する可能性が高いです。


<例>某小売店様より破損修理依頼を受けた某海外産木製フレーム
(枠にレンズ交換用の切れ目等もなく、レンズにヤゲン加工をし押し込むタイプ)
海外製のレンズ交換不可能の木製フレーム
※無理に押し込もうとするとこのように破損する可能性が高いです。


「独創竹豊」のフルリムタイプは、上記,筬△離譽鵐瑳萇嬖法は採用せず、ナイロン製の糸で簡単に取付できる特殊な手法を唯一採用しています。
(理由:,惑で暖めても木製枠は膨張しないためレンズ交換ができない。△魯侫蹈鵐班瑤棒擇賁椶入るとデザイン上目立つ、木製の場合は気圧の変化で外れやすい)

そのため、当店のフルリムタイプ、ハーフリムタイプなどの全てめがねはレンズをご購入後でも容易に交換することが可能です。

余談にはなりますが、特に海外製木製フレームをご購入されるときは「レンズ交換が可能な商品かどうか」を十分ご確認されてからご購入されることをオススメします。
アレルギーについて
金属アレルギーで困っているのですが、自然素材なのでアレルギーはないでしょうか?
竹めがねを製作して20年以上経過し、現在まで竹めがねを装着してアレルギー等の症状を訴えられた方はお一人もいらっしゃらないのは事実でございますが、 アレルギーにはいろんな種類、症状がありますので全く症状が出ないとは言い切れません。

竹は抗菌作用があるとも言われ、いままでも数多くの方が竹フレームに交換やリフォーム等行い、症状が出なくなった、軽くなったというお声は多数頂いております。


ご不安な方は、竹めがねを1週間程度無料でお貸しいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
※発送の際の送料のみご負担お願いします。(送料着払い発送)
金属アレルギーや肌が敏感な方への素材は、「木」より「竹」をオススメします。


>>製作事例はこちら 
>>お客様の声はこちら

詳細は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661

 
今、使用しているメガネを肌が当る箇所だけ、竹や木製に交換できますか?
はい、交換は基本可能です。
アレルギー体質・肌が敏感な方には、「木」より「竹」をオススメします。

その場合、鼻パットとテンプル(つる)をセットで交換されることで肌に直接触れる箇所がすべて自然素材になるためオススメしますが、交換するフレームの腐食が激しい場合やデザイン上困難な場合もありますのでご了承下さい。

最終的にはフレームを送っていただき、交換が可能かどうかは職人の判断になりますが、送られる前に携帯等でご使用中のメガネの写真をメール等で添付していただければ、無料で交換できるかどうかのご連絡させていただきます。


詳細は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661

>>製作事例はこちら
オーダーメイド・セミオーダーメイドについて
オーダーメイドは可能ですか?
はい。可能です。
素材もご自由に選択可能です。

例えば、フロントを竹製、テンプルを木製など素材もご自由に選択可能です。
ただし、色味や柄模様の細かいご指定は自然素材ですのでご希望に添えない場合もございますのでご了承下さい。 

装着時の違和感等ある場合には、ご納得いただけるまで無償で調整等させていただきます。 

また、「お気に入りの眼鏡フレーム」などを送っていただいてこのデザインで製作してというのも可能です。 

この場合の製作期間は、約6週間前後程度になります。(時期で異なりますので、お見積り時にご連絡させていただきます)

料金等は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661



<製作事例> 
オーダーメイド事例

>>その他の製作事例はこちら
セミオーダーメイドとは何ですか?
セミオーダーメイドとは、デザインは当店の商品の中から選んでいただき、素材やサイズ等をご自由にご希望の素材やサイズに変更し製作する当店自慢のサービスです。

1本からでもOKで、ご自分だけのオリジナルフレームをお作り致します。

例:商品Aの素材を黒檀で製作。*価格変更有り
  商品Aのサイズ50□18-140を58□18-140に大きくして変更して製作。*価格変更無し
  ※素材が同じであれば、追加料金は一切かかりませんのでご安心ください


この場合の製作期間は、約6週間前後程度になります。(時期で異なりますので、お見積り時にご連絡させていただきます)


詳しくは、
>>「オーダー・セミオーダー・リフォーム」はこちら 
>>製作事例はこちら 

 
ホームページに掲載されている同じめがねの形で、素材だけを変更してもらうことは可能ですか?
はい。可能です。

例えば、商品Aのテンプル(つる)の素材を「木」から「竹」にとかフロント枠の素材を「竹」から「木」になど。
料金は変更をご希望する「素材」で変動しますのでお気軽にお問い合わせください。

この場合の製作期間は、約6週間前後程度になります。(時期で異なりますので、お見積り時にご連絡させていただきます)

料金等は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661

詳しくは、
>>「オーダー・セミオーダー・リフォーム」はこちら 
>>製作事例はこちら 
大黒柱や材料を送れば眼鏡にしてもらえますか?
はい。製作可能です。

大きさは最低約【6×4×60僉の大きさの木が1本 または、約【6×4×20僉の木が3本あれば1本の眼鏡ができます。
この大きさにカットする必要はございません。できれば余裕をもった寸法でご用意ください。)


ご注意!!
「ふし」や「細かいヒビ」がある場合などの箇所は加工できない可能性が高いです。
また、木取りの途中でヒビなどが出てきたり、製作途中で折れる可能性もございます。
そのため、できれば上記数量の倍以上をお預かりして、余った材料はお返しさせて頂く方法が無難です。

※「国産杉などのやわらかい木(爪で簡単にキズが付くなど)」や「丸い竹」などでは、眼鏡材料には不向きになります。(理由:折れやすい、キズがつきやすい等)
刻印について
名前やメッセージの刻印も打ってもらえるのですか?
当店の眼鏡をご購入された場合、「無料」にてお名前等をテンプル(つる)の内側にレーザー加工機で刻印します。

漢字やローマ字、数字、家紋、イラストなどでも刻印できます。(約10文字程度)
※文字数が多い場合には、文字の大きさを小さくすることで刻印可能です。
(フォントもご指定があれば変更可能です。通常は行書体で刻印されます)

※家紋やイラストの場合はデータをお送りください。(但し、細いテンプルデザインの場合は潰れる可能性が高いため、太目のテンプルデザインをお選びいただいた方が良いと思います。ご希望の方は端材等で試し打ちをし、写真でお送りします)



刻印例:お名前、イニシャル、記念日など
(男性は漢字でフルネーム、女性は漢字で下の名前、又はイニシャルの方が多いです) ★また、プレゼント用にメッセージ等も可能です

ご希望の方は、ご注文時に「備考欄」にご記入ください。 


★ご注意★
刻印を入れた後は「返品」や「キャンセル」は基本的にお受けできません。
そのため、ご心配の方は一旦ご購入後に再度当店まで送付いただき、刻印を打たれることをオススメします。
(ご購入後でも刻印は無償でお打ち致します。)



<名入れの例>
刻印例

<フォントの例>
名入れフォント例
刻印の文字数の制限・大きさなどはありますか?
空いたスペースの大きさで若干異なります。

文字数はおよそ10文字までとお考え下さい。(ただし、文字の大きさを小さくすることでそれ以上の文字数でお可能な場合もあります。又は刻印場所を2ヶ所に分けるなど。)

※通常、左テンプル(つる)の内側に名入れ刻印させていただきます。
 ご希望の方は、テンプルの外側や場所を指定しての刻印も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
現在、かけているプラスチック製などのメガネにも刻印してもらえますか?
刻印することは可能なのですが、素材の硬さによっては刻印の深さに差が生じるため、同じような素材見本で事前に試し打ちをした後に刻印した方が無難です。(実費になります。)

※ただし、金属部の刻印は不可になります。


お名前以外にも簡単なマーク・デザイン・記念名等も可能です。

めがね専用のレーザー加工機で、テンプルやレンズなどにも刻印可能です。

 
デザインしたイラストなども刻印できますか?
はい。刻印可能です。
イラストレイター等のデータを送付いただければ、その通り刻印いたします。

ただし、細かいイラストの場合は刻印場所のスペースが小さい場合、デザインが潰れてしまう可能性があります。その場合には端材等で一度試し打ちをしたものをお見せいたしますのでご安心ください。

また、エポキシ樹脂にて彫った場所に色をつけることも可能です。(ただし、竹めがねの内側部位は素材特性上、色がのらないため不可になります)

>>製作事例はこちら
 
刻印した文字を消すことはできますか?
一度刻印したお名前等の刻印を消すことは基本可能です。

やすりで削り落とすため、厚みが1仭宛緜度薄くなりますが、基本的にお名前の刻印はテンプル内側のこめかみ辺りの肌に直接当らない箇所になりますので、掛け心地には影響がでることはございません。
注文方法について
注文したメガネはどのような状態で届くのでしょうか?
度付レンズも一緒にご希望であれば、その度数でレンズ加工し、フレームにセットした状態(完成品)発送いたしますので、到着後すぐにご使用いただけます。 

※当社オリジナル桐製眼鏡ケース及び眼鏡クロスも付属します。
以前作ったメガネのデータはお店で保管してありますか?
お客様の度数データは当店にて大切に保管しております。

度数入力の際は「前回と同じ度数にする」をお選びください。
注文した商品はどれぐらいで届きますか?
15時までのご注文であれば当日、遅くとも翌営業日以内には発送できるよう心がけております。

ただし、下記の場合にはご注文後、確認メールにておおよその発送予定日をご連絡させていただきます。

1.度付きレンズ付きフレーム
2.オーダーメイド、セミオーダーメイド・テンプルリフォーム
3.その他店舗に在庫が無い商品等


● おおよその発送目安
・度付きレンズをご希望の場合は約1週間程度
・オーダーメイドの場合は約6週間程度
・セミオーダーメイド・テンプルリフォームの場合は約2週間程度
・名入れ刻印をご希望の場合は約3日程度

 
時間指定、日付け指定、届け先の指定などはできますか?
承っております。

ご注文画面を進んでいただければ、「お届け希望日」「お届け希望時間」「お届け先」等のご指定ができます。

※再配達を減らすため、例えば「平日は20-21時」、「土日はいつでも」等を記載いただいても結構です。
商品代金(税込)以外にかかる費用はありますか?
お支払い方法によっては「代引手数料」「振り込み手数料」をお客様にご負担いただきます。

詳しくは 「特定商取引法・お支払・配送」 
交換・返品等について
交換や返品はしてもらえますか?
■フレームの色が思っていたのと違った。 
■フィッティングがあまり良くなかった。  
■自分の顔に似合わなかった。

お客様がネットショップで眼鏡をご購入する際、上記のようなことが心配だと思います。
ネットでは実際に見え方の確認やフィッティングをすることができないので、度数や着用感、モニターでみたフレームの色や雰囲気との違和感は否めない時があるかもしれません。
商品到着後7日以内にお客様からご連絡いただければ、返品可能ですのでご安心ください。

ただし、オーダーメイド・セミオーダメイドでのご注文に対してのフレームや度付レンズ名入れ刻印をしたフレーム等は返品・交換は申し訳ありませんがお断りしていますのでご了承ください。

詳しくは 「特定商取引法・お支払・配送」をご覧下さい。

フィッティングに関しても不具合な点と感じる場合はお気軽にお問合せ下さい。
ご希望の箇所を削るなどして無償調整させていただきます。
壊れたとき修理はしてもらえるのでしょうか?
状況によっては修理できないこともございますが、もちろん修理可能なものについては対応させていただきます。

壊れ方にもよりますが、修理は基本的に可能ですのでご安心ください。 
壊れた場合には、必ずそのままの状態でお持ちいただくか、当店まで送って下さい。
ご自分で接着剤等で接着しますと修復不可能になる場合もでてきますので決して市販の接着剤等は使用しないでください。

修理不可能の場合には、その部位だけを再製作させていただくことも可能です。

当店では「1年無料破損保証」を設けております。ご購入日より1年以内の方は「子供と遊んでいて折れた。誤って足で踏んでしまった。」等のお客様の不注意により破損した場合でも無償で修理させていただきます。

ただし、修理可能な場合に限らせていただきます。その破損部位が再製作になる場合やレンズ破損の場合は「実費」になりますのでご了承くださいませ。

また、1年経過後でも修理は可能ですのでどうぞご安心ください。この場合は1ケ所につき数千円程度になりますが、実際の破損眼鏡を拝見後にお見積りさせていただきます。


詳しくは 「保証・取扱いの注意点」 をご覧下さい。
その他
なぜ鯖江は眼鏡が有名なのですか?
福井県鯖江市は、北陸地方に位置し、実は「住みよさランキング」では近年全国トップ10に連続して入る地域になります。

しかし、鯖江市は意外と冬は雪が多い地域になり、そのため諸説あるみたいですが1905年(明治38年)に創始者と呼ばれる増永五左衛門が農閑期の副業として、少ない初期投資で現金収入が得られる眼鏡枠作りに着目し当時眼鏡作りが盛んであった大阪や東京から職人を招き、眼鏡の製造技術を伝えたことが始まりといわれています。

第二次世界大戦が終戦を迎えると、めがねの需要がさらに高まり、セルロイドフレームやサングラス、そしてそれを作り出すブランドが数多く生まれました。
そして、1980年代に世界で初めて軽くて丈夫なチタン製めがねの開発・生産を行うことで国際的なめがね産地としての地位を築き上げることになりました。

現在は「世界三大眼鏡生産地」(日本は技術・品質、イタリアはデザイン面、中国は価格が特徴とおわれています)のひとつ”福井県鯖江市”は日本のメガネフレーム生産の90%以上のシェアを誇っている町になります。

近年は、低価格競争や新素材開発が乏しいこともあり、中国に押されている時期もありましたが、逆にここ数年は”ジャパンクオリティ”や”自然素材(木や竹)”で世界的にも注目されています!


鯖江 眼鏡の歴史




 
通販だとサイズが自分の顔に合うか心配なのですが? 色柄など実際に見てみないと心配なのですが?
商品の蝶番(ヒンジ)には「バネ蝶番」をしているため、フィットしやすい設計になっております。 (蝶番がバネ製になっており、テンプル(つる)が90度以上に開きます)
そのため、掛け心地は非常にやさしく、フィット感もすぐれております。

バネ蝶番 

テンプル(つる)を一般的なメガネのように曲げての「微調整」は基本的にできませんが、職人が50年以上の経験で得た頭を包み込むようなテンプルカーブをあらかじめつけてあります。

さらには、竹素材などの自然素材は、人間の熱(35℃前後)と水分(汗等)により、掛けるたびに徐々に自分の顔に馴染んでくるのも自然素材にしかない特徴のひとつです。(鼻パットは調整可能) 


●購入前のご試着ご希望の方は

どうしてもとういう方はお電話でご相談いただければ、無料でご希望の商品を送付させていただきますので、お気軽にお電話にてご相談ください。(発送の際の送料のみご負担ください)

但し、商品によってはお貸しできない商品もございますのでご了承ください。


その他詳細等は電話でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661
「完売」の商品は、在庫は無いのですか?
申し訳ございません。在庫はございません。
基本各1本しか製作しておりませんので「完売」と表示されている商品の在庫はございません。 

しかし、1本からでも再度同じ商品を製作することは可能です。(追加料金無し)
この場合の製作期間は、約6週間前後の期間を要します。(一部、入手困難素材もありますのでご了承下さい)

この場合のご注文方法は、メール、お電話等で承ります。 
※追加料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

詳細は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661
自宅でホームページが見れません。インターネットでしか買えないのですか?
電話やFAXやEメールでも大丈夫です。
例えば、「A-○○○○」などの商品コードと送付先、お支払方法等をご連絡ください。

度付レンズは眼科医等の処方箋の数値を教えただくか、お使いのメガネを送付いただければ同じ度数でレンズ作成可能です。 

実際に商品を試着したい場合には実店舗がございますので是非お越しくださいませ。
約400本程度常時展示してありますので、全てご試着可能です。

また、遠方の方であれば、一度お電話いただければご希望の商品をお送りし、ご自分のお顔に合うかご判断後に決断されても結構です。

詳細は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661
以前購入したものと全く同じものを製作することはできますか?
はい。可能です。

*ただし、色味や木目などはできる限り似た材料で製作しますが、天然素材のため多少異なってしまいますのでご了承ください。

また、特に銘木と呼ばれる希少木材は木目を吟味・厳選し、「できあがった時に木目を最大限に生かすか」を念頭において加工するため、そういった意味でも、同じものはなかなか入手困難です。

一品一品が同じ柄・色など二本とできない、世界でたった1本しかない眼鏡ということをどうぞご理解下さい。
『独創竹豊』ってブランド名ですか?
『独創竹豊』(どくそうちくほう)は商品ブランド名(商標登録済)です。

●商標登録 第4692340号 
●出願日:平成14年12月19日
●登録日:平成15年7月18日 

『どくそう ちくほう』と読みます。『たけゆたか』とよく間違われます。
当店Rootsはその『独創竹豊』の総販売代理店でございます。
ケースは付けてくれるのですか?
当店で眼鏡フレームをご購入の方には当店オリジナル「桐製眼鏡ケース」を無料でお付け致します。
*ご希望の方にはケースにもお名前等の刻印可能です。(無料)

桐製にこだわる訳は、「桐タンス」からも言えるように、防湿効果、防虫効果、保温(定温)効果等があり、自然素材の眼鏡フレームには最適と考え、もちろん日本製になります。 


<オリジナル桐製眼鏡ケース> (デザイン等は変わる可能性がございます)
桐製眼鏡ケース
※ 「オリジナル桐製眼鏡ケース」は、100,000円以上のフレームの方のみ対象となります。
通販で購入した場合、返品はできますか?
全商品返品OKですのでご安心ください。
商品到着後7日以内にご連絡の上、発送いただければ返金致します。

ただし、 オーダーメイド・セミオーダメイドでのご注文に対してのフレーム、度付レンズ、刻印をしたフレーム等は返品・交換はお断りする場合がございます。

詳しくは 「お支払い・送料等」 をご覧下さい。
メガネ以外のものでも、竹や木で製作してくれますか?
製作可能なものであれば眼鏡以外でも製作いたします。

無料でお見積りいたしますので、できるだけ詳細な図面等いただければそれだけ早くお見積り金額をご提示させていただきます。

図面等ご用意ができない場合には、試作後の金額提示になる場合もございます。

過去製作例:グラスホルダー、キーホルダー、ケース、ルーペ、ラジオケースなど
竹、木の特徴:軽さ、オリジナル性、熱に強い、エコロジー、静電気防止など

詳細は電話、メール等でお気軽にお問い合わせ下さい。 
TEL:0778-51-1661